求人・採用検索エンジン『企業ログ求人検索』って知ってる!?求人検索エンジンはIndeed(インディード)だけではない!

%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e6%b1%82%e4%ba%ba%e6%a4%9c%e7%b4%a2

最近CMで話題のIndeed(インディード)ですが、求人検索エンジンはIndeed(インディード)だけではありません。

以前の記事で紹介させていただいたカカクコムが運営する「求人ボックス」をはじめ、ITや人材系メディアを運営する企業が求人検索エンジンにチャレンジしています。

今回は求人・採用検索エンジンの1つで、株式会社インディバルが運営する「企業ログ求人検索」について、ご紹介致します。

企業ログ求人検索とは


日本全国で100万件を超える求人情報をまとめて検索できる求人検索エンジンの『企業ログ求人検索』。ショットワークス等のアルバイト求人サイトを運営する株式会社インディバルが運営しています。
「企業ログ求人検索」は、「企業ログx」の1つのコンテンツであり、その他、年収・売上・口コミ・離職率など企業にまつわるデータを集めた情報サイトになっており、200万以上の企業データを検索することができます。
全国の求人も検索が可能になっているため、企業の求人情報だけではなく、企業規模や年収、離職率等、転職活動をする上で気になる情報をリサーチすることができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-21-17-07-50

出典:http://qlear.jp/logcorporation/jobsearch?jbq=%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3&jbl=%E6%B8%8B%E8%B0%B7

「企業ログ求人検索」への掲載情報は出ていませんが、表示される求人のリンク元のURL(図の赤枠部分)を調べてみると、「Indeed(インディード)」になっていたので、Indeed(インディード)のAPIからデータを引っぱり、表示していると考えられます。

ここから考えると、企業ログ求人検索は「企業ログx」のコンテンツを充実させるための1つのコンテンツであり、あくまでもメインは企業のデータを検索することであると言えるのではないでしょうか。

▼企業ログ求人検索▼
http://qlear.jp/logcorporation/jobsearch

企業ログ求人検索に掲載するには


企業ログ求人検索に掲載するには、Indeed(インディード)に情報を掲載することで、上記でもご紹介した通り、企業ログ求人検索にも掲載されることが考えれます。
Indeed(インディード)への掲載方法は、以下の関連記事をご参照ください。

関連記事:求人・採用検索エンジン「Indeed(インディード)」って何!?オススメの代理店は!? 【10社】

運営元のインディバルってどんな会社!?

株式会社インディバルは、Yahoo!JAPANと、RECRUITが設立したジョイントベンチャーとしてスタートした会社になります。
2015年4月からはアルバイト領域での採用アウトソーシングに強みを持つ、ツナグ・ソリューションズ社のグループ企業になっています。
事業はアルバイト領域や正社員領域の求人サイトである「shot works」、「シフトワークス」、「Qlear転職」を運営しています。

▼株式会社インディバルは以下から▼
https://www.indival.co.jp/


まとめ


いかがでしたか。
Indeed(インディード)の場合は「求人検索」に特化した検索エンジンであり、「企業ログx」の場合は、企業の売上、年収、口コミ、離職率の情報にIndeed(インディード)と連携する形で求人情報を提供しています。
求職者側にとっては、企業の求人以外に気になる情報がまとめて検索できるので、便利かもしれませんね。

投稿者: 小林 祐馬

株式会社エヌ・ケーパートナーズ 代表取締役。 1983年鹿児島生まれ。2005年4月、総合人材サービス業の株式会社ネオキャリアへ入社。主に新卒領域を担当し、営業、コールセンターの立ち上げ、マネジメントを経験。 2007年2月、毎日就職ナビ販売卸売高全国1位を獲得。 2007年4月、フリーランスとして独立後、2007年10月、株式会社リラクに入社。 株式会社リラクでは、フランチャイズの加盟開発、物件取得、教育部門であるリラクカレッジの立上、人事部長、運営部長を担い、2015年7月にメディア事業部の立ち上げに伴い、メディア事業部長に就任。店舗メディアネットワークを活用したサンプリング事業やFCに対する集客メディアの代理店ネットワークの構築やオウンドメディア「Yururila(http://yururila.com/)」をプロデュース。 2016年5月。独立し、事業戦略とマーケティングを担うコンサルティング会社である株式会社エヌ・ケーパートナーズを創業し、代表取締役へ就任。 主にIT系企業や店舗事業を展開する企業の事業パートナーとして、コンサルティングを行っている。