オーナーズブック(ownersbook)って怪しいの!?どんなリスクが存在する?

平成29年9月28日に東証マザーズへ上場したロードスターキャピタル株式会社。同社が運営する「オーナーズブック(OwnersBook)」はソーシャルレンディングという「お金を借りたい人」と「お金を投資したい人」を、インターネットを通じて結びつけるサービスですが、このオーナーズブック(ownersbook)にはどんなリスクがあるのでしょうか。
また、投資=怪しいというイメージもあるので、健全なのか否かについても、気になるところではないでしょうか。

オーナーズブック(ownersbook)とは?


オーナーズブック(OwnersBook)は東証マザーズに上場するロードスターキャピタル株式会社が運営する「ソーシャルレンディング」サービスで、最低投資金額は1万円から可能で、4半期に1回、利回りが分配される仕組みになっています。また、利回りは年利で4.8%〜14.8%が実績になります。
ソーシャルレンディングは、ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスの一つで、fintechの代表的な中心的存在です。

資金ニーズのある企業(または個人)に融資し、その金銭的な対価として元本と利子(または、それに相当するもの)を受け取り投資家に還元するビジネススキームになっています。

国内のソーシャルレンディングの市場は2016年には533億円(前年比1.7倍)に上ります。少し古いデータにはなりますが、2014年のアメリカにおけるソーシャルレンディングの市場規模は約5,500億円になり、四半期あたりに84%成長する市場になっており、ソーシャルレンディング市場は、今後日本国内での成長が大きく期待される市場になっています。

関連記事1:オーナーズブック(OwnersBook)の口コミ・評判は!?1万円からできる不動産投資の魅力とは

関連記事2:オーナーズブック(ownersbook)の利回りはどうなのか。

オーナーズブック(ownersbook)のリスクとは?

オーナーズブック(OwnersBook)のリスクは、大きく二つあります。

運営企業であるロードスターキャピタル株式会社の財務状況悪化のリスク

不動産担保価値の下落リスク

以下では、それぞれのリスクについて、ふれて行きます。


ロードスターキャピタル株式会社の財務状況悪化のリスク

オーナーズブック(OwnersBook)運営しているロードスターキャピタル株式会社の財務状況悪化のリスクは、投資している側ではコントロールできるリスクではないため、信頼できる企業なのか否か、見極めて投資する必要があります。

 

スクリーンショット 2017-12-22 15.29.47

信頼できる部分で行くと、平成29年9月28日に東証マザーズに上場したことで、上場企業という社会的信頼を得た点。また、2017年12月12日にでた同社のIRによると、2017年12月きの決算予想は、期初の予想を上振れて、売上高が87.86億円、営業利益が13.54億円、形容利益が11.88億円、当期純利益が7.66億円の予想になっており、創業以来増収増益となっている点になります。

経営陣に関しても、ゴールドマンサックス出身の金融分野に長けているプロフェッショナルが揃っているため、そういった点も信頼できる材料の一つかもしれません。

不動産担保価値の下落リスク

オーナーズブック(OwnersBook)(ソーシャルレンディング全般的に)は、投資した元本を保証するサービスではありません。元本を保証しない代わりに、投資先には全て不動産を担保にして、レンディングする仕組みになっていますが、経済環境の変化によって、不動産担保価値の下落があり、万が一貸付先の企業が焦げ付いてしまった時に、担保にしている不動産を売却しても、元本が全て回収できないといったリスクが存在しています。

しかしながら、オーナーズブック(OwnersBook)の場合、担保にした不動産の8割程度を貸付ているため、よっぽどのことがない限り、投資した元本が毀損することは考えにくいでしょう。

また、オーナーズブック(OwnersBook)では、今まで元本が毀損した実績はないため、そういった点でも信頼できると言えるのではないでしょうか。

オーナーズブック(OwnersBook)は怪しいのか!?

ここまでオーナーズブック(OwnersBook)を運営するロードスターキャピタル株式会社やリスクについてご紹介してきました。これを踏まえて、オーナーズブック(OwnersBook)は怪しいのでしょうか。

東証マザーズに上場しており、増収増益であること。

元本毀損がないこと。

を考えると、怪しい部分はなく、非常に健全にソーシャルレンディングサービスであるオーナーズブック(OwnersBook)を運営していると言えるのではないでしょうか。

しかしながら、投資はリスクがつきものなので、現時点では元本毀損がなくても、今後どうなるかはわからないので、しっかりと自分自身で判断した上で、投資することをおすすめ致します。

URL:https://www.ownersbook.jp/lp/index2/

 

オーナーズブック(ownersbook)の利回りはどうなのか。

「お金を借りたい人」と「お金を投資したい人」を、インターネットを通じて結びつけるサービス「ソーシャルレンディング」。2016年度のソーシャルレンディング市場は533億円と2014年の143億円と比較すると、5倍近く成長している市場です。

平成29年9月28日には、オーナーズブック(ownersbook)を運営するロードスターキャピタル株式会社が上場を果たし、より市場にサービスが知れ渡ることになりました。

ソーシャルレンディングの代表的なサービスであるオーナーズブック(ownersbook)の利回りについて、ご紹介致します。

また、ソーシャルレンディングの比較に関しては、こちらの記事「【比較】ソーシャルレンディングのおすすめは?利回りはどうなのか。」で紹介しているので、気になる方は合わせてご参考ください。

オーナーズブック(ownersbook)とは?


オーナーズブック(ownersbook)とは、東証マーザーズに上場するロードスターキャピタル株式会社が運営するソーシャルレンディングサービスで、2014年9月、日本で初めて不動産投資に特化したクラウドファンディングサービスとして、オーナーズブック(ownersbook)はリリースされました。

東京23区内を中心に2017年9月28日現在、募集総額は26億7,700万円に、新しい案件が出ると数秒で募集が終わってしまうほど、人気を博しています。

オーナーズブック(ownersbook)の人気の秘密は、安定した利回りの中で、第一、第二抵当権付きの不動産投資になっており、過去には一度も投資債権が未回収に陥ったことがない信頼度の高さにあります。また、最低投資額が1万円からできる点も人気の秘訣かもしれません。

オーナーズブック(ownersbook)の利回りは?


オーナーズブック(ownersbook)の実績利回りは、年利換算で4.6%から14.5%になり、元本毀損実績は0円と非常に安心して投資ができます。

僕自身もオーナーズブック(ownersbook)に投資をしており、こちらの記事「オーナーズブック(OwnersBook)の口コミ・評判は!?1万円からできる不動産投資の魅力とは」で詳細を記載しているので、気になる方はご覧ください。

オーナーズブック(ownersbook)の利回り実績の紹介

オーナーズブック(ownersbook)へ登録してサイトへ行くと、過去の利回り実績が紹介されているので、こちらでも簡単にご紹介したいと思います。

品川区オフィス第3号ファンド第2回

スクリーンショット 2017-12-26 11.42.15

品川区西五反田所在のオフィスおよび世田谷区北沢所在のアパートを担保とする「メザニン/シニアローン」への投資。

確定利回り:5.1%(年換算)
運用期間(確定):5ヶ月
運用タイプ:貸付( メザニン/シニア )
申込総額:4,050万円 (146人)

豊島区オフィス第1号ファンド第1回

スクリーンショット 2017-12-26 11.42.33

豊島区巣鴨に所在するオフィスおよび世田谷区に所在するアパートを担保とする「メザニン/シニアローン」への投資。

確定利回り:4.6%(年換算)
運用期間(確定):6ヶ月
運用タイプ:貸付( メザニン/シニア )
申込総額:5,050万円 (226人)

品川区新築マンション第1号ファンド第1回

スクリーンショット 2017-12-26 11.42.43

東京都品川区二葉所在の新築マンション一棟及び文京区本郷所在のマンション一室を担保とする「メザニンローン」への投資。

確定利回り:6.4%(年換算)
運用期間(確定):5ヶ月
運用タイプ:貸付( メザニンローン )
申込総額:7,050万円 (294人)

品川区オフィス第2号ファンド第2回

スクリーンショット 2017-12-26 11.45.49

品川区大崎所在のオフィスおよび世田谷区北沢所在のアパートを担保とする「メザニン/シニアローン」への投資。

確定利回り:14.6%(年換算)
運用期間(確定):6ヶ月
運用タイプ:貸付( メザニン/シニア )
申込総額:5,050万円 (192人)

 ほとんどの案件は償還期限前に償還完了の実績。

実際の案件実績をみてみると、そのほとんどが償還期限前に償還が終わっており、そこからもオーナーズブック(ownersbook)の実力を垣間見ることができます。

スクリーンショット 2018-01-13 21.12.54

僕自身もオーナーズブック(ownersbook)を通じて投資を行いましたが、僅か3ヶ月で召喚されて、5.7%(利回り)の利回りになりました。

短気で召喚されすぎても、利回りは小さくなってしまいますが、長期すぎてもリスクに感じるので、そう考えると悪くないなあと思います。

オーナーズブック(ownersbook)を始めるには?


スクリーンショット 2017-09-10 17.13.01

オーナーズブック(ownersbook)を始めるには、4つのステップが必要になります。

 1.オンラインで投資家申請
 2.本人確認ハガキの受け取り
 3.入金
 4.投資実行

こちらの4ステップで、最短3営業日で投資実行が可能になっており、オンラインでの投資家申請は、facebookやYahoo!IDログインで簡単にできるので、入力の手間も省けて便利です。

以下のURLから、投資家申請することができます。

URL:https://www.ownersbook.jp/lp/index2/

口座開設費や維持・管理費は無料で、一切かからないので、まずは案件実績をみるという意味で、口座登録だけするのも問題ありません。

まとめ


いかがでしたか。1万円から始められる不動産投資「オーナーズブック(ownersbook)」。平成29年9月28日に東証マザーズへ上場をして、より一層信頼感が増したように思います。また、今後はエクイティ型のソーシャルレンディングもサービススタートに向けて準備していることから、よりこの事業に力を入れて行くのではないでしょうか。

余剰資金があって、銀行に寝かせておくよりは、オーナーズブック(ownersbook)を通して投資することで、それが利回りとして数%金利がつくので、おすすめです。ただし、投資はリスクがつきものなので、そのリスクをしっかり理解した上で、自己責任の中で、投資活動を行うことをおすすめします。

オーナーズブック(ownersbook)のURL:https://www.ownersbook.jp/lp/index2/